top of page
  • sansanpomirai

「僕は戦争をみてみたい」と言われた過去の保育を振り返ってみました。

あるときの、年長さんに言われた言葉。

「僕は戦争をみてみたい」

彼は笑顔で僕に話しました。


どうして??


ずっと自然の中で、

いのちに触れて育ってきたのに。


なぜ??


これを振り返ってみたら、

結果、原因というか理由というか、

「僕だった」

ということに気がつきました。


子どもたちはよく、

大人のために動いてくれたりします。

何かに気づいてもらいたくて。

もっと感情を出していいよと伝えたくて。


この時の言葉も、

もしかしたら僕のため、

だったのかもしれない。


そう思うと…

言葉になりません。


ありがとう、考えます。





最新記事

すべて表示

Kommentarer

Betygsatt till 0 av 5 stjärnor.
Inga omdömen ännu

Lägg till ett betyg
bottom of page