『さんさんぽ』って、どんな感じ?

 

【ルールがありません】

さんさんぽでは、

『自分で考える』、『自分で動く』

を大事にしています。
 

保育でもそうですが、大人の間でも

ルールや方法などで決められたことはなく、

誰かの意見だけが通るということもありません。

そのときに集うメンバーで、

その時点での”答え”を探していきます。

1つ1つの小さな出来事に

時間と気持ちをたっぷりかけて、

こつこつ積み重ね、味わっていく日々です。

たとえば、大事なおもちゃを

家から持ってきた子がいたとして。

指示命令はしないので、子どもに

「明日から持ってこないでね」とは言いません。

保護者さんたちにも、

「おもちゃは保育に持って来させないでください」

とも言いません。

​【おもちゃを持ってこない】

という”ルール”にもせず、

【おもちゃは持ってきてもいい】

という”ルール”にもしないのです。

「持ってきてたよね。どう?」

「保育中聞いてみたら、

  「○○だから持ってきた」って言ってたよ」

「別にいいんじゃない?って思うけど」

「せっかく外で過ごしてるのに、どう?」

「たしかにね。あ~、そういえば

   今日こんな使い方して遊んでたなぁ」

「う~ん、明日どうしてみる?

   もうちょっと聞いてみようかな」

「そもそも『さんぽ』の願いってなんだっけ?」

「本当はなんで持ってきたんだろ?」

こんなふうに、

1つのことについて大人もみんなで考えます。

「そんなのめんどくさくてできないよ~」

「保育者が決めてくれた方が楽なのに!」

と、思われる方もいるでしょう。

しかしそれでは

『人に言われたことをする』になります。

1つ1つなので大変ですが、

やればやるほどやみつきになっていきます♪

さんさんぽ 家.jpg
 

【子どもだけじゃなく、
    大人もやります】

さんさんぽでは、

『自分事で考える』『自分で考える』

を大切にしています。

だから、子どもの育ちを他人事にしません

子どもの姿をみて、大人も自分を振り返ります。

例えば過去の保育で、

子どもたちが昼寝をしてくれなくて困った

ということがありました。

 

当時の自分は、焦り、苛立ち、

本当に疲れ果てていました。

この焦りや苛立ちはどこからくるのか?

と自分をみていくと、

「他のスタッフの目線や

 評価を気にしている自分」がいたり、

「昼寝をしないと、保護者に迷惑がかかる」

という自分がいたり、

自分自身の作り出した不安と怖れに

飲み込まれていることに気がつきました。

子どもの姿のあらゆる場面で、

1つ1つ「自分はどうか?」と見ていきます。

そうすると面白いくらいに

出来ていない自分に気がついたりします。

自分の育ちと子どもの育ちが

“同じところ”にいたんだ~ということに、

気がつくこともよくあります。

でも、

できてない自分を責める必要はありません。

ただただ、

今の自分は“そこにいるんだな”と受けとる感覚。

大事なのは、

子どもの育ちを自分ごとで考えることです。

やればやるほど、心?いのち?魂?

うまく表現できませんが、

“生きてる心地”が戻ってくるような

そんな感覚がしてくるのです~

IMG_5136.JPG
 

【家庭と保育。
  こんな感じで連携してます】

さんさんぽでは、

保育と家庭との連携、各家庭同士の連携を

ものすごく大切に考えています。

サービス業のようにお子さんをお預かりして、

良いことだけをお伝えしたり、

またはその日の子どもの様子が全く分からない、

みたいな状況ではありません。

親にとって嬉しい出来事も辛い出来事も、

保育者の至らなさも、全部お伝えします。

それは、子どもたちや家庭、

保育者のことをお互いに評価したり

○や×をつけるためではありません。

子どもたちが“いま、どうなのか”

“いま、どんな育ちなのか”、

そして親や保育者が“いま、どうなのか”

“その子をどうみているのか”

というところを共有するためです。

保「今日、こんなことがあってさ~!」

親「あ~、そういえば家でこんなことがあった!」

親2「なんでなんだろうね?うちはこんな感じ」

親「う~ん、私が○○だからかな・・・」

保「ふむふむ。ちょっと聞いてみる?

  ねぇねぇ、どうして○○したの?」

子「それはね~、○○△・・・」

保「あーなるほどね!だってさ!どう思う?」

親2「そういえばうちの子が

   前にこんなこと言っててさ・・・・」

親「えっ!?そうなの?家でも聞いてみる!」

保「じゃあ、明日また教えてね~。

  こっちでもやってみるから」


というように、

自分の家庭だけでもなく、保育者だけでもなく、

ひとりひとりの育ちをみんなで共有していきます。​

さんさんぽ 保育の想い出.jpg
 

【”困ったこと”は、どんとこい!】

さんさんぽでは、”困ったこと”を大歓迎します。

服や靴がドロドロになるなんてのは当たり前。

大切なことは1度しか言わないので、

忘れ物もするでしょう。

時には活動中に

モノを無くすことがあるかもしれません。

他にもたくさんたくさん、

“困ったこと”が起こるでしょう。

小さなことから大きなことまで。

 

大事なのは、困ったことから何を学ぶか、

どう感じるかです。

困ったことが多ければ多いほど、

体験する機会が増えると考えています。

困ったことが起きても、

大人がなんでもかんでも解決しません。

気持ちにはとことん寄り添いますが、

行動には寄り添いません。

だからさんさんぽは厳しいし、

決して楽ではないと思います。

困ったことが起こると、大人は内心

「(よっしゃーきたー!)」となったりします。
もちろん、

同時に焦りや不安も出てきたりしますが(笑)

​​

例えば、

大切にしてたドングリが無くなったとして。

 

子「え~~~ん!持ってきて~~!」

保「無くなって悲しいね。どうしよ?」

子2「じゃあ、○○したらいいんじゃない?」

保「あ~○○したらいっか!どうする?」

子「いやだ~~~!」

保「あ〜やだよね〜どうしようねー!」

これを繰り返していくと、

すごいこと(表現が難しい)になります。

ドングリを無くして泣いてたような子が、

泣いてる子がいたらそっと近づいて

「どうしたの?」と心を寄せるようになるのです。

(そうするから良い子、ではない)

小さな小さな日常体験の積み重ねで、

大きな“何か”が育っていくと信じています。

​”困ったこと”は、実は宝物なのです~。

小さいうちに、いっぱいいろんな体験しとけー!

と思っています(笑)

IMG_4989.jpg
 

【子どもたち、
 すごいこと言ってませんか?】

子どもたちから教わったことはたくさんあります。

というか、保育のことはほぼすべて

子どもたちに教わったと言えるかも。

大切なのは気持ちだということ。

すべての存在がつながっていること。

存在否定しないということ

(根っから悪い人は存在しない)

自分を育てるのは自分だということ。

どんな存在にもいのちがあるということ。

どんな存在にも神さまが宿っているということ。

ここを選んで生まれてきているということ。

大人の成長を願っているということ。

人を信じるということ。

人を守るということ。

心に寄り添うということ。

 

こんな子どもたちが、

年々増えてきている気がします。

子どもをコントロールすることを

手放せば手放すほどに、

子どもたちはいろんなことを教えてくます。

ご家庭でも「えっ、そんなこと言うの!?」

ってことが、何度もあるんじゃないでしょうか。​

子どもの言葉を信じるかどうかは、

大人ひとりひとりが決められます。

信じてみようとすると、子どもたちは

もっといろんなことを話してくれるようになる。

そう感じます。

子どもたちは本来、とても暖かいところにいます。

いつも愛でいっぱいです。

どんなにお母さんに怒られても、

いつもお母さんのことが大好きです。

そんな子どもたちを、

ありのままのその子として、

自分で育つ力を信じる。

 

1つ1つの小さな出来事に、

大人も子どもも心をゆらして生きていく。

そんな人たちが増えたら、

世界はどんな風になるでしょうか。

子どもたちは、

いつでも大人の幸せを願っています。

家族の健康と平和を願っています。

だから、大人、力を抜いて、がんばりましょう~。

さんさんぽ 方針2.JPG