top of page
  • sansanpomirai

「すいませんより、ありがとうがいいけん」

ふと思い出す。



あれは数年前に熊本の保育園に勤めてた時。

保育3年目、資格を取って

はじめて担任を持つことになった時。



初担任は2歳児だった。

ひとクラス10人くらいの園で

そんな中でも「この学年はやんちゃ」と

うわさの2歳児だったので、


もうドキドキ。

なにしたらよいのか…




さてさて

2歳児の担任は、

僕と


もうひとりはヤンキーっぽい(笑)

ちゃきちゃきした?ちゃらい系?の

年下のお姉ちゃん。


と、3歳児の担任さん(ベテランさん)と

3人で2クラス一緒に過ごしていた。



たまにヤンキーさんと

ふたりでクラスをみることになるのだけど、


もう右も左もわからず

てんやわんやでござった。。。




ある日、そのやんさんが

にこにこしなが伝えてくれたこの一言。




「さんちゃん、


 あたし「すいません」って言われるより

 「ありがとう」って言われた方が

 うれしいけん」





これ、すごく胸に響き

いまだにあったかく残ってる。




あのころほんと

自信がなさすぎて、

しかもやんさんとベテランさんで(笑)

「すいませーん」が口癖だったらしい。


それをさらっと見抜いて、

ほんとに優しく温かく

目を見て笑顔で伝えてくれた。



はっとしたなぁ。

そうだ、そうだよね。



家に帰って妻にシェア。

考えてみたら、そりゃそうだ。

「ありがとう」がいいよ。




ここではやんさんとか書いてるけど、

見た目はチャラいかもしれんけど

あったかオーラ、元気オーラはほんとすごくて。


赤ちゃんと似た感じがして、

言葉とかは置いといて

相手の本質を見抜いちゃうような人

に、僕には感じられた。


(この園、みなさん

 ほんとにあったかかった!

 いやみや愚痴とかほぼなく

 みんなよく話し笑い合う)



で、彼女はかなり若いのだけど

お子さんが2人もいらっしゃって。


お母さんとしても大きな人だった。

しかも保育2年目?なのに

もう超ベテランオーラで(笑)

ほんと、いまでも尊敬する方であります。



元気してるかな。

ありがとう!!


あの時のみなさんのおかげで

いまの自分がある。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

忘れること

僕は物忘れがはげしい。 最近特にすごい。 一秒で、聞いた話を忘れたりする。 ボケてるのかもしれないけど たぶん本音で興味がないのだろう。 最近思うんだ。 忘れられる って、幸せだよね〜 と。 記憶って思考に近いから かたくかんがえる感覚というか、 いまにフォーカスすると ほとんどのことが 飛ぶんだよね。 でもまぁ 覚えられた方がいいけど(笑) ある時気がついたことがある。 人生におけるあらゆる悩み

ながぐつ

長靴。 僕の中では身体の一部 というくらいよく履くので 恵比寿にもこれで通ってる。 さんぽではだいたい長靴で過ごすが 小さい人たちは水が好きなので こちらもつっこんでいける。 (靴でもいけるか) でもほんとは 長靴にも増して裸足がすき! 裸足って いきてる感じが濃くて 大地を感じられて 大好きなのです。 公道でも裸足であるけるし それで怪我したことはない。 きもちいい!のだ。 さんぽでは 虫や草か

40歳になりました。

人生80年とすれば いよいよ折り返し地点に たどり着いたことになる。 はたしてそこまで生きられるかは わからないけれど。 ふと思った。 人生って 健康に長生きする よりも いまこの瞬間を楽しむ のほうが ワクワクするかもしれない。 いままでは 元気に長生きできたらなと思ってたし 人にもそうであってほしいと思ってた。 でも ただ元気でも すかすかな感じだったら なんかあまり味わえない? もし短命だと

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page