top of page
  • sansanpomirai

歩くはやさはバロメーター

最近気がつくようになったこと。

僕の場合は、だけど。



歩くはやさが速い時は

考え事してたり

時間がなかったり

急いでいたり

悩んでいたり

頭がぐちゃぐちゃになってたり

心にゆとりがなかったり


と、そんなことが多い。




逆にゆっくり歩いてるなと気がつく時は


気持ちにゆとりがあり

時間にゆとりがあり

無駄なことを楽しむ暇があり

ナチュラルに心地よかったり

いろんなわかわくすること考えてたり

自然を愛でるゆとりがあったり


と、そんなことが多い。




昔は気づかなかったんだよね。

自分の歩くはやさのことなんて。


いま、はやいのか

おそいのかなんて。


意識することもないし

気がつくこともなかった。




何で気がつくようになったんだろう。

あ、歩く姿勢とかを意識し出してからか!

(これは今はやってないけど)




はやいのがいいとか

ゆっくりのがいいとか

そんなことは人によると思うけど、


僕は、

僕の中では


ゆっくり歩いてる時の方が

自分らしい感じがする。


まぁもともと

カピバラくんみたいにのんびりだからな(笑)




ちょっとしたことだけど

身体と気持ち(こころ)って繋がってるとおもうから


からだがバロメーターになる人って

結構いらっしゃるんじゃないかな。




なんかピンと来た方とか

面白い体験された方とか

暇だったらコメントくださーい




そういや十代二十代のころは

はやく、効率よく

頭がよく回るのがいいことだと思ってたな。



どっちでもいいんだけど

(人それぞれだし)

ぼくはゆっくりが落ち着くんだなぁって

やっと気がついた三十代末。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

忘れること

僕は物忘れがはげしい。 最近特にすごい。 一秒で、聞いた話を忘れたりする。 ボケてるのかもしれないけど たぶん本音で興味がないのだろう。 最近思うんだ。 忘れられる って、幸せだよね〜 と。 記憶って思考に近いから かたくかんがえる感覚というか、 いまにフォーカスすると ほとんどのことが 飛ぶんだよね。 でもまぁ 覚えられた方がいいけど(笑) ある時気がついたことがある。 人生におけるあらゆる悩み

ながぐつ

長靴。 僕の中では身体の一部 というくらいよく履くので 恵比寿にもこれで通ってる。 さんぽではだいたい長靴で過ごすが 小さい人たちは水が好きなので こちらもつっこんでいける。 (靴でもいけるか) でもほんとは 長靴にも増して裸足がすき! 裸足って いきてる感じが濃くて 大地を感じられて 大好きなのです。 公道でも裸足であるけるし それで怪我したことはない。 きもちいい!のだ。 さんぽでは 虫や草か

40歳になりました。

人生80年とすれば いよいよ折り返し地点に たどり着いたことになる。 はたしてそこまで生きられるかは わからないけれど。 ふと思った。 人生って 健康に長生きする よりも いまこの瞬間を楽しむ のほうが ワクワクするかもしれない。 いままでは 元気に長生きできたらなと思ってたし 人にもそうであってほしいと思ってた。 でも ただ元気でも すかすかな感じだったら なんかあまり味わえない? もし短命だと

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page