top of page
  • sansanpomirai

故郷石川の状況を聞いて

わたくし、石川出身であります。



今日知ったのだが

職場の方が震災被害調査の仕事で

石川の穴水に行ってくださってたそうな。



状況を聞くと。

やはり大変な状態だったらしい。


聞いたことのある道路の名前が。

通れないとか。

現場の近くの家は

きれいな家でも倒れてたとか。




こういうとき、

僕には地元派生があるから

余計に心がうごくけれど。


遠くに行けば行くほど

なぜか心もちょっと離れる気もする。




不思議だよね。

故郷には愛着がある。


引っ越しをたくさんして

いろんな地域に住んだ僕としては

住んだらそこがあたらしい故郷になる。




故郷っていいね。

家族みたいなもんで

いつまでも、あの頃のままでいてほしいと

無意識に願ってる自分がいる。




でも、故郷は変わる。

今回のような災害だけじゃない。


たとえば

子どもの頃長靴で入って

ぬかるんで抜けなくなった田んぼが

スーパーになってると

どことなく切ないんだよね。




どうか元気でいてほしい。




ひとりひとりに

ひとりひとり、その人だけの人生がある。


誰一人として

軽い人生の人なんていない。


想像もできないようなドラマが

もれなくみんなにある。




そんな尊すぎて

とても測ることのできない命が

少しでも長く元気で幸せに

あれますように。




いつか僕の中で

地球全体が故郷になる

そんな日がくるだろうか。


全ての人が家族と思う

そんな日が来るだろうか。




みんながじぶん。

じぶんがみんな。




生きてることに感謝。

現場の方、

本当にありがとうございました。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

忘れること

僕は物忘れがはげしい。 最近特にすごい。 一秒で、聞いた話を忘れたりする。 ボケてるのかもしれないけど たぶん本音で興味がないのだろう。 最近思うんだ。 忘れられる って、幸せだよね〜 と。 記憶って思考に近いから かたくかんがえる感覚というか、 いまにフォーカスすると ほとんどのことが 飛ぶんだよね。 でもまぁ 覚えられた方がいいけど(笑) ある時気がついたことがある。 人生におけるあらゆる悩み

ながぐつ

長靴。 僕の中では身体の一部 というくらいよく履くので 恵比寿にもこれで通ってる。 さんぽではだいたい長靴で過ごすが 小さい人たちは水が好きなので こちらもつっこんでいける。 (靴でもいけるか) でもほんとは 長靴にも増して裸足がすき! 裸足って いきてる感じが濃くて 大地を感じられて 大好きなのです。 公道でも裸足であるけるし それで怪我したことはない。 きもちいい!のだ。 さんぽでは 虫や草か

40歳になりました。

人生80年とすれば いよいよ折り返し地点に たどり着いたことになる。 はたしてそこまで生きられるかは わからないけれど。 ふと思った。 人生って 健康に長生きする よりも いまこの瞬間を楽しむ のほうが ワクワクするかもしれない。 いままでは 元気に長生きできたらなと思ってたし 人にもそうであってほしいと思ってた。 でも ただ元気でも すかすかな感じだったら なんかあまり味わえない? もし短命だと

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page