top of page
  • sansanpomirai

かっこいくみえた家族

最近、数日間ある家族と共に過ごすことがあった。2歳の男の子とそのご両親だ。


その日々が終わり、ふと気がついたことがある。




「おもい」の一言を一度も聞かなかったのだ。




なんの「おもい」かというと、

抱っこしてて「重い」の「おもい」だ。


2歳の子なので何度も何度も、何時間も抱っこするのだか、数日の間で一度も。

一度たりとも2人から「重い」を聞かなかった。




僕は保育士だけど、

正直なところ一歳や二歳のことを抱っこしていて1日に20回くらい「重い」と言っていたし(小さい人を抱きながら)、「もう限界!」とか言っていた。


ようは重いから降ろしたいのだ。

恥ずかしいがそうだった。




「重い」と言わないことがすばらしい、

といいたいわけではなく、

「重い」ということがいけないことでもないと思う。



だって重いものは重いんだし、

腕が痛くてどうしようもないのも事実だから。




ただ自分が子どもだったとしたら、

自分を抱っこしてくれてるはずのひとが

「重いから降りて」

って結構悲しいだろうなぁ思うだろう。


だから個人的にはできるだけ言いたくない。

けど言ってしまう保育士なのです。




それでいてこのご両親。

ほんとーーーに、いわない。


「重い」なんて失礼だからできるだけ言わないでおこう、の"いわない"でもなく、


ただただ、

いわない

のだ。




なんかすごくかっこよく見えたし、

2人にとってはフツーなことというか、

2人なりのお子さんへの愛なのかな?

とも思ったりした。


(重いと言うから愛がない、とかではぜんぜんない)




というかそもそも

重くないの??



いやいや数時間抱っこしてたよ。




うーーーん


なんか人としてすごく尊敬だった。

かっこいいな。




みなさん重いって言いますか?

言う方、どんな気持ちでいいますか?

言わない方、なんか意識かれてるのかな。

どっちもいいんだけど。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

書く

モーニングページ ってご存知だろうか。 『ずっとやりたかったことを、やりなさい』 っていう本に書いてあるワークで、 超簡単にいうと 朝起きてすぐ、 ノートとペンを持って 浮かんだことを3ページ書き尽くす。 と、いうワーク。 これがまたすごくて! 何が凄いかは やってみたら一目瞭然。 目の前、 意識的な目の前にかかってたモヤが どんどん晴れていく感覚。 いままで見えなかった 感じなかったことに 気が

忘れること

僕は物忘れがはげしい。 最近特にすごい。 一秒で、聞いた話を忘れたりする。 ボケてるのかもしれないけど たぶん本音で興味がないのだろう。 最近思うんだ。 忘れられる って、幸せだよね〜 と。 記憶って思考に近いから かたくかんがえる感覚というか、 いまにフォーカスすると ほとんどのことが 飛ぶんだよね。 でもまぁ 覚えられた方がいいけど(笑) ある時気がついたことがある。 人生におけるあらゆる悩み

ながぐつ

長靴。 僕の中では身体の一部 というくらいよく履くので 恵比寿にもこれで通ってる。 さんぽではだいたい長靴で過ごすが 小さい人たちは水が好きなので こちらもつっこんでいける。 (靴でもいけるか) でもほんとは 長靴にも増して裸足がすき! 裸足って いきてる感じが濃くて 大地を感じられて 大好きなのです。 公道でも裸足であるけるし それで怪我したことはない。 きもちいい!のだ。 さんぽでは 虫や草か

Comentarios

Obtuvo 0 de 5 estrellas.
Aún no hay calificaciones

Agrega una calificación
bottom of page