top of page
  • sansanpomirai

なんで保育だったのか〜はじめのころ〜

昨日、ふと「なんで保育始めたんだっけ」と

振り返ってみた。



すると



戻り戻って大学時代までは辿りついたのだけど、

それより前には戻れなかったなぁ。




なんとはじめのきっかけは、

バイト先(ガソスタ)の先輩2人(元お客さん)から

「俺たちボランティアしてるんだよね」

って話をきいたことだった。



なんか知らんけど

「ボランティア・・・やってみたいな」

と思ったのですよ。



びびっときた?


昔からこういう

一見正しそうなことを考えたりすることが

よくあった。


逆に、

ありえんほどひどいことも

さんざんしたんだけど(これほんと)

ものすごいギャップだよね。




今思うと

うーーん、ほんとかはわからんけれど

自分自身を癒やして受けとめたかったのかな

とか思う。


いい人に見られたい、とか。




でも、100%そうでもなく

ほんとにそういうことがしたいと

純粋な気持ちもあったと思う。




そんなこんなで




実家から出て解放された気分で

ボランティア団体さんに出会い、


そこで色々あって

「お年寄りか子どもにかかることがしたい」

と思うようになっていったのですた。




ふしぎなもんだなぁ。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

忘れること

僕は物忘れがはげしい。 最近特にすごい。 一秒で、聞いた話を忘れたりする。 ボケてるのかもしれないけど たぶん本音で興味がないのだろう。 最近思うんだ。 忘れられる って、幸せだよね〜 と。 記憶って思考に近いから かたくかんがえる感覚というか、 いまにフォーカスすると ほとんどのことが 飛ぶんだよね。 でもまぁ 覚えられた方がいいけど(笑) ある時気がついたことがある。 人生におけるあらゆる悩み

ながぐつ

長靴。 僕の中では身体の一部 というくらいよく履くので 恵比寿にもこれで通ってる。 さんぽではだいたい長靴で過ごすが 小さい人たちは水が好きなので こちらもつっこんでいける。 (靴でもいけるか) でもほんとは 長靴にも増して裸足がすき! 裸足って いきてる感じが濃くて 大地を感じられて 大好きなのです。 公道でも裸足であるけるし それで怪我したことはない。 きもちいい!のだ。 さんぽでは 虫や草か

40歳になりました。

人生80年とすれば いよいよ折り返し地点に たどり着いたことになる。 はたしてそこまで生きられるかは わからないけれど。 ふと思った。 人生って 健康に長生きする よりも いまこの瞬間を楽しむ のほうが ワクワクするかもしれない。 いままでは 元気に長生きできたらなと思ってたし 人にもそうであってほしいと思ってた。 でも ただ元気でも すかすかな感じだったら なんかあまり味わえない? もし短命だと

Commentaires

Noté 0 étoile sur 5.
Pas encore de note

Ajouter une note
bottom of page