top of page
  • sansanpomirai

飲食店さんの想いを知った日

たまたまなのだけど

某グルメサイトのはなしを聞いた。



その方はカフェを経営されてた方で、

お知り合いの方がおっしゃってたそうな。




(某サイトさんとは、

外食するときに参考にする

⭐️の数やレビューなどがのってる

サイトさんです。

色々ありますね)



やはり、なのだけど

レビューの中には事実も異なることもあるそうで。



ぜんぜん違うこと書かれたので

サイト運営さんに

「これは削除してください、

 事実と異なりますので」

と申し出てたところ。



「そう申されましても

 お客様が書かれたことですので

 削除することはできません」


と言われたそうで。

すったもんだあり

問題の投稿が消されるまで

数ヶ月かかったそうな。




そんなこともあるからか

飲食経営者さんの中には

「レビューが気になって仕方ない」とか

「掲載してほしくないのに載ってしまい困った」

という方も


少なからずいらっしゃるそうです。




このサイトがどうのとかではなく

「なんでもかけちゃう」ことや、

それに対しお店側から削除依頼できない


とかって

どうなのでしょうね




言論の自由

個人の主観

名誉きそん

プライバシー



なんたら

かんたら。




でも

なかには親身になって応援してくれる

お客さまもいらっしゃったと

その方は言っていました。


「そんなことはないですよ、

 本当は〇〇ですよ」


と投稿してくださってた

ということもあったとか。




みなさんはどんな世界になったら

よいと思われますか。



この話を聞いて

自分はどうこの話と向き合うか

考えさせられているただ今。



お店の立場、

利用者の立場、

運営者の立場。



色々、

みんなちがうよね。



誰かが勝って

誰かが負ける

みたいな世界じゃ

生きるのつらいよね。



かんがえようー



貴重なお話をありがとうございました。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

忘れること

僕は物忘れがはげしい。 最近特にすごい。 一秒で、聞いた話を忘れたりする。 ボケてるのかもしれないけど たぶん本音で興味がないのだろう。 最近思うんだ。 忘れられる って、幸せだよね〜 と。 記憶って思考に近いから かたくかんがえる感覚というか、 いまにフォーカスすると ほとんどのことが 飛ぶんだよね。 でもまぁ 覚えられた方がいいけど(笑) ある時気がついたことがある。 人生におけるあらゆる悩み

ながぐつ

長靴。 僕の中では身体の一部 というくらいよく履くので 恵比寿にもこれで通ってる。 さんぽではだいたい長靴で過ごすが 小さい人たちは水が好きなので こちらもつっこんでいける。 (靴でもいけるか) でもほんとは 長靴にも増して裸足がすき! 裸足って いきてる感じが濃くて 大地を感じられて 大好きなのです。 公道でも裸足であるけるし それで怪我したことはない。 きもちいい!のだ。 さんぽでは 虫や草か

40歳になりました。

人生80年とすれば いよいよ折り返し地点に たどり着いたことになる。 はたしてそこまで生きられるかは わからないけれど。 ふと思った。 人生って 健康に長生きする よりも いまこの瞬間を楽しむ のほうが ワクワクするかもしれない。 いままでは 元気に長生きできたらなと思ってたし 人にもそうであってほしいと思ってた。 でも ただ元気でも すかすかな感じだったら なんかあまり味わえない? もし短命だと

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page