top of page
  • sansanpomirai

ちょっとしたことなんだけど

だいぶ前

帰り道でスマホを見ながら歩いていたとき。



「歩きスマホはやめてください!

 歩きスマホはやめてください!」



ってすれ違われた方がいらした。




普段あんまり

歩きスマホしてないつもりなのだけど

このときはちょっとだけ急ぎの方があり

ゆっくり歩いていたのだ


(いや、そうは見えないのだろうし

 普段からやってるように見えただろう。

 実際そうかもしれない)




そんなときに

ガツーンと言ってくださった。



声は大きいものの

どことなく優しさを感じて

驚きと共にほっこりもした。





自分の気持ちはどう動いたのだろう。



大きく動いたから

記憶に残ってるんだよね。




どきっとした?

人から悪くみられたと思った?

ぎゃくに腹が立ったかもしれない。

焦りや警戒心もあったかも。

そして少しの嬉しさも。



今日もバスの中で

ヨタヨタ歩かれてるおじいさんが


「優先席で携帯はやめてください。

 優先席で携帯はやめてください。

 優先席で携帯はやめてください。」



と言いながら

バスを降りて行かれた。




勇気、というのかな。

そうやって言えるって

強いなと思った。

尊敬だ、僕はできないから。




ちょっとしたことだけど、

世の中って素敵だと思った!


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

忘れること

僕は物忘れがはげしい。 最近特にすごい。 一秒で、聞いた話を忘れたりする。 ボケてるのかもしれないけど たぶん本音で興味がないのだろう。 最近思うんだ。 忘れられる って、幸せだよね〜 と。 記憶って思考に近いから かたくかんがえる感覚というか、 いまにフォーカスすると ほとんどのことが 飛ぶんだよね。 でもまぁ 覚えられた方がいいけど(笑) ある時気がついたことがある。 人生におけるあらゆる悩み

ながぐつ

長靴。 僕の中では身体の一部 というくらいよく履くので 恵比寿にもこれで通ってる。 さんぽではだいたい長靴で過ごすが 小さい人たちは水が好きなので こちらもつっこんでいける。 (靴でもいけるか) でもほんとは 長靴にも増して裸足がすき! 裸足って いきてる感じが濃くて 大地を感じられて 大好きなのです。 公道でも裸足であるけるし それで怪我したことはない。 きもちいい!のだ。 さんぽでは 虫や草か

40歳になりました。

人生80年とすれば いよいよ折り返し地点に たどり着いたことになる。 はたしてそこまで生きられるかは わからないけれど。 ふと思った。 人生って 健康に長生きする よりも いまこの瞬間を楽しむ のほうが ワクワクするかもしれない。 いままでは 元気に長生きできたらなと思ってたし 人にもそうであってほしいと思ってた。 でも ただ元気でも すかすかな感じだったら なんかあまり味わえない? もし短命だと

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page