top of page
  • sansanpomirai

いのちの灯火

最近よく思うようになったこと、


それは





いま生きていることって

奇跡だなということ。




あした、

家族の誰かが目を覚さないかもしれない。


あした、

誰かが不慮の事故にあうかもしれない。




なにがあるか分からない

そんな世界のなかで


いま、家族のみんなが

げんきに過ごせているということ。




こんなにありがたいことは

あるだろうか。


これを奇跡と呼ばずに

何を奇跡と呼ぼうか。




今日も家族の写真を見ていて

じんわりそう感じたのであった。



はたして明日が来るだろうか。




そうそう、このあいだ考えたのだけど

僕の人生80年、生きられたとしたら

あと40×365日だから


あと14,300日。




すごい数字だと思うだろうか?


ぼくは、

きっとあっという間だと思うんだよね。




たったの1万4千日。

あしたがもしきたら

13,999日。




あした、くるかなぁ。

もししてくれたら

どんなふうにいきようか。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

書く

モーニングページ ってご存知だろうか。 『ずっとやりたかったことを、やりなさい』 っていう本に書いてあるワークで、 超簡単にいうと 朝起きてすぐ、 ノートとペンを持って 浮かんだことを3ページ書き尽くす。 と、いうワーク。 これがまたすごくて! 何が凄いかは やってみたら一目瞭然。 目の前、 意識的な目の前にかかってたモヤが どんどん晴れていく感覚。 いままで見えなかった 感じなかったことに 気が

忘れること

僕は物忘れがはげしい。 最近特にすごい。 一秒で、聞いた話を忘れたりする。 ボケてるのかもしれないけど たぶん本音で興味がないのだろう。 最近思うんだ。 忘れられる って、幸せだよね〜 と。 記憶って思考に近いから かたくかんがえる感覚というか、 いまにフォーカスすると ほとんどのことが 飛ぶんだよね。 でもまぁ 覚えられた方がいいけど(笑) ある時気がついたことがある。 人生におけるあらゆる悩み

ながぐつ

長靴。 僕の中では身体の一部 というくらいよく履くので 恵比寿にもこれで通ってる。 さんぽではだいたい長靴で過ごすが 小さい人たちは水が好きなので こちらもつっこんでいける。 (靴でもいけるか) でもほんとは 長靴にも増して裸足がすき! 裸足って いきてる感じが濃くて 大地を感じられて 大好きなのです。 公道でも裸足であるけるし それで怪我したことはない。 きもちいい!のだ。 さんぽでは 虫や草か

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page